[ Blast ]

パワーとスピード! その構造と楽しみ方の解説!

Revolutionのカイトの中には 大きく2つのタイプがあります。
 
風の状態にセイルのタイプやロッドの種類をチョイスしてフライトを楽しむタイプの機体と
風の状態に合わせてフライヤーが操作方法を切り替えてフライトを楽しむタイプの機体との2タイプです。
 

Blastは後者のタイプでこの一機でフレームの組み替えをしないで、
フライヤーの揚げ方の切り替えで微風から涼風の領域を楽しむタイプです。

秘密1: 微風も強風も楽しめる 対局の二つの顔

太くて丈夫なSLEロッドと緩やかなアールを造り出す為の立体縫製により揚力を発生させる構造で、グライダー飛行をさせることで微風を楽しむことが出来る。


SLEの太さと丈夫さと張りは強風時にもカイト全体のゆがみを押さえ、
安定した飛行を可能にしている。

秘密2: 強風時に魅せる顔 それはまさにジキルとハイド

パワーシリーズの名の通り他のシリーズでは得られない 身体が浮き上がるほどのパワーを秘めているが、
フライヤーは操作方法を切り替えることで、パワーそのものをコントロールし安定した飛行を楽しめる。
ハンドルのスタイルは トラディショナルスタイルをお勧めします。

強風時のハンドル操作は腕をカイトに向けてまっすぐ伸ばし、手首に負担がかからない様に、しっかり握ったハンドルとカイトが平行になる様にコードを調節します。カイトに正面からまともにぶつかる強風の力は上下に分散しパワーを最小限におさえます。
ほんの少しの手首の返しがカイトを操作するコツです。

逆にパワーを楽しみたいなら 手首を返しカイトに角度を付けることで、強風の力をフルに体感することが出来ます。腰を低くし充分に身構えてから実行して下さい、油断すると身体ごと持って行かれるかもしれません。手首を戻しカイトを立て直すことでパワーを制御できます。

秘密3: 良風時の驚くべき機動性

SLEロッドがもたらす強度とセールの張りは、アップダウン 左右スライド全ての方向にハイスピードで飛行することを可能にし、フライヤーの意のままにコントロールできます。
前進からスライド、スライドからバック等の縦と横の切り替えが目を見張るスピードで行えます。
他のカイトが得意とするノーズダウンのダイブ&ストップをスライドダウンで同等に行えます。
また、スピードをコントロールし正確な動きも可能ですが、やや重いボディーのために ターン時のおつりを軽減するテクニックを身につける必要があります。
これらのパフォーマンスは少しのヒントとたくさんの練習によってフライヤーのものとなり、次のステップへと繋がります。

秘密4: 暴れ馬を目覚めさせるもう一つのブライダルセッティング

ブライダルのボトム側にはラインの接続箇所が2カ所ある。
接続箇所を選ぶことで2種類の違う感覚を楽しめるのだ。

通常は外側に接続しよう。
外側のバーチカルロッドと直結することで、風の導線は中央に集まり、安定したスムーズな飛行が楽しめる。
 
 

 
スムーズな飛行に飽きてしまったら内側に接続してみよう。
風の導線は左右に分散し、左右のウイングそれぞれがパワーを発揮する、そのためカイトは暴れ馬の様に制御が容易ではなくなるのだ。しかしこれが又おもしろい!フライヤーとカイトのタイマン勝負が始まる!!